注文住宅で、
思い通りの家に。

INTRODUCTION

注文住宅に対して、自分で細かい部分まで決められることから失敗が少ない、というイメージを持つ方もいるようですが、これは大きな間違いです。注文住宅を購入し、実際に住み始めてから使いにくさや間取りの悪さなどを感じる方は少なくありません。特に動線の後悔は多く、洗濯機と干し場が離れすぎているなどの理由からストレスを溜める方も多いとか。他にもゴミ出しが面倒であったり、料理を運ぶのが手間であったり、掃除が明らかにし辛かったり。自分で決めて作ったはずの家が欠陥住宅に近いものだった、なんてケースもあります。

こういった現象がなぜ起きるのかと言えば、これはリサーチ不足を言わざる得ないでしょう。注文住宅を作る際に注意するポイントなどを確認しておかないと、購入後に後悔することとなってしまうのです。これは注文住宅に限った話ではありませんね。賃貸でもマンション購入でも同じことです。購入前には必要な情報を入手しておき、それを参考に動くことが必要となります。

そこで、本ページでは注文住宅を思い通りの家にするための情報を紹介していきます。たとえば、屋上のある注文住宅にするのなら何に注意すべきか、屋根裏部屋が欲しいならどうすればいいのかなど。それぞれの目的に合わせた情報を簡単に解説しましょう。

CAUTION

おそらく注文住宅を購入するタイミングは人生で1度くらいのもの。それでいて、失敗するといつまでもそのことがフラッシュバックするという、精神的なダメージを追うことになります。そんな一生背負うようなダメージを負わないよう、注文住宅購入までは少しでも多くの情報を手に入れることが必要なのです。

ちなみに、注文住宅の相場は東京で3500万円ほどです。これに対してサラリーマンの生涯収入が2億円ほどと言われています。生活費などを考えると、やはり2度目の購入は難しそうですね。いかに注文住宅購入が失敗できない行為か思い知らされます。少し面倒に思っても情報収集を怠らないようにしましょう。